調剤薬局事務

薬剤師をサポートする

調剤薬局事務は、薬剤師をサポートする仕事です。
薬剤師は、薬を管理しなければいけないため、仕事がたくさんあります。
その仕事を出来る範囲でサポートしていきます。

実際に、レセプトを作成するなど薬局の業務をします。
薬局やドラッグストアなど、活躍することができる場所が多いです。

この仕事は、人の役に立つ仕事として、人気が高いです。
さらに、調剤薬局事務は家事や育児と両立をしながら働くことができます。

そのため、特に主婦に人気があります。
少しの空いた時間に働くことができる仕事です。

どこでも働ける

この仕事は、全国で必要とされているため、どこに居ても働くことができます。
旦那さんの仕事の都合で引っ越すことがあるかもしれません。
そうすると、せっかく就いた仕事を辞めなければいけなくなります。

調剤薬局事務の仕事に慣れてきた頃に辞めると、心残りがあります。
その時でも、調剤薬局事務ならば、たとえ辞めたとしても引っ越し先の薬局やドラッグストアで働くことができます。

また、最初から会社を探すことは大変かもしれませんが、必要とされている仕事のため、早く見つけることができるでしょう。
きっと、温かく迎え入れてくれるはずです。

試験の概要

調剤薬局事務の試験は、年に6回行われています。
詳しくすると、1月3月5月7月9月11月といった奇数の月に試験があります。
試験の月が覚えやすく、さらに6回もあるということで自分の好きな時期に受けることができます。

資格試験の中には、年に数回しか行われないこともあります。
試験が数回しか無いと、どうしても外せない用事が入ったり、体調を崩してしなったりした時にも、無理をしてでも試験を受けなければいけません。
しかし、この試験ならば年に6回もチャンスがあるため、たとえ体調を崩してしまったとしても安心することができます。

また、たくさん勉強をして自信がある時に受けることも可能です。
調剤薬局事務が人気の理由は、ここにもあるかもしれません。

さらに、受験資格は特に無いため、誰でも受験することができます。
試験内容は学科のマークシートを10問と調剤報酬請求明細書を3枚作成する実技があります。
学科試験が70点以上、実技が70%以上が合格です。

勉強方法

この試験の勉強方法は色々ありますが、講座を受けることが手っ取り早いです。
講座を選ぶときは、自分に合ったものを選ぶことが大切です。
参考書の分かりやすさや先生の教え方の上手さで決めると良いです。

また、勉強は負担にならないようにマイペースでしていくと良いです。
あまり根つめてしまうとストレスになってしまいます。
次第に勉強をすること自体が嫌になってしまうことがあるため、マイペースを保ちましょう。

頑張ったことは、必ず実を結びます。
合格をした時に、今まで感じたことが無いような達成感を味わうことができるでしょう。