社会保険労務士

★多くの活躍方法

社会保険労務士は大きな企業などで働いていることもあり、さらには独立して自分で事務所を構えているような場合もあります。
この資格を持っていると社会保険はもちろんですが、その他にも年金問題などにも携わりながら多くの相談者に対してのアドバイスをしていくことになります。

また企業での社会保険関係の手続き代行などを行うようなケースもあり、エキスパートとして活躍できる場面が非常に多いといえるでしょう。
社会保険労務士を目指すためには、短大を卒業している方か、もしくは短大を卒業していると同等に見れるだけの学力を持っている人、その他にも学力そのものがなくても実務経験のある人であれば受験することが可能になっています。

決して合格率の高い資格ではありませんが、試験そのものはマークシート方式になっていて、記述がないためこのような部分では比較的記述問題が苦手な人でも受けやすい資格だといえるでしょう。
前述のとおり、短大を卒業していたり、同等の学力を持っている、もしくは実務経験を持っている人が受験を考えているのであれば通信による講座も受けて専門的な知識を学べるので子育てをしながらでも取得を目指せるといえるでしょう。

実際に現在社労士として働いている人々の3割以上は女性だと言われており、上記のように、大きな企業などで活躍しています。

★ライフスタイルでも役立つ

年金問題や社会保険に関してというのは、よほど自分自身で調べ上げ詳しい知識を持っていなければ理解することは難しいと言えます。
一般的にはやはりプロを頼るというのご最も多い意見ですが、社労士としての資格を所持していれば、自分のライフスタイルの中にも役立てていくことは可能なため、自分自身がこのような問題で頭を抱えてしまうことがありません。

例えば身内が働いている企業で社会保険に関して不透明な部分があったりすれば細かな知識を与え、不透明な部分を企業側にしっかり説明してもらうことなどもできるでしょう。
年金問題に関しても詳しくなりますので自分の将来を考えた場合にも役立つことがわかります。
特に年金に関しては細かな仕組みになっており、社労士が頼られることも多いので、前述の取引業をはじめ、その他にも保険事務所などから求められるようなケースもあるようです。

極端な話になりますが、万が一受験して合格することができなくても勉強するだけで十分に知識を持つことが可能なため、こうした部分でも自分の生活に役立てられるといったメリットがあります。
また、社労士は収入も比較的良い傾向にありどのような企業でも求めている人材なので職場選びに困ることもなく、安定した収入を得ることができるというのも非常に大きな魅力となります。