秘書技能検定

事務職をマスター

秘書技能検定は、事務職に関する知識をマスターします。
マナー・業務進行や経理・経営基礎、文書作成・管理などの知識を身に付けることができます。
事務職に関わらず、秘書を目指す人に人気が高いです。

特にマナーは、どんな職に就いたとしても役に立ちます。
マナーが身に付いているつもりでも、間違って覚えてしまっていることがあります。
それを、この資格を通して勉強をすれば、いち早く間違いを直すことができます。

また、経理に関しては勉強する機会がありません。
会社に就職をして経理部になっても困らないように、知識を蓄えておくと便利です。
また、文書作成などに仕事をしていく上で必要なことです。

書き方などをしっかり学んでおくと、仕事に生かすことができて良いです。
このように、この秘書技能検定は様々な職に対応します。

秘書を目指すには

秘書を目指す人がこの資格を持っていると有利です。
未経験の人は、秘書技能検定2級以上を取得しておくと、秘書の経験を補うことができます。
3級だけでも良いのですが難易度が低いため、あまり有利では無いかもしれません。

3級を取得することができたのならば、さらに詳しく勉強をすれば2級も取得することができるはずです。
秘書の知識を得る度に楽しくなり、勉強がしやすくなります。

2級も取得し、1級に挑戦する時は英語系の資格やMOSなどの実務技能資格が必要になります。
これらの資格に合格しないと、1級を合格することができません。

試験の概要

秘書技能検定は、筆記試験です。
試験の内容は、「秘書技能」「実務知識」「一般知識」「マナー、待遇」「技能」の5つに分かれています。

秘書技能は基本的な心得な能力であり、一般知識は経理や経営についてです。
また、技能は文書の作成やスケジュール管理です。

合格のラインは、5つの分野それぞれが60%です。
そのため、どの分野も満遍なく勉強する必要があります。
どれかに偏ってしまうと、合格することができなくなってしまうため、気を付ける必要があります。

勉強の方法

秘書技能検定の勉強方法は、講座を受ける人が多いです。
または、資格の専門学校に通います。忙しくて時間が無い人は、講座を受けると良いです。

やはり、新しい知識を得るときは、自分一人で勉強するよりは先生に教えてもらった方が理解しやすいです。
分からないことがあるときに、そのままにすることなく、すぐに先生に聞くことができて良いです。

さらに、英語もマスターしてくれる講座もあります。
秘書技能検定1級を目指す時に英語が必要になるため、あらかじめ勉強をしておくと良いかもしれません。
新しいことを勉強すると、疲れが溜まりやすくなってしまうため、適度に休憩をしながら勉強を進めていきましょう。