ケアマネージャー

どんな仕事か

ケアマネージャーは、ケアプランを作成します。
要支援・介護認定を受けた1人1人に合ったケアプランを作成して、実際に介護にあたる介護士や施設と高齢者を繋ぎます。
ケアマネージャーが作成したプランを元に介護が始まるため、重要な仕事です。

また、やりがいが大きい仕事でもあります。
ケアマネージャーがいないと介護を始めることができないため、最も必要とされています。

介護の仕事の経験がある人がワンステップアップでケアマネージャーの資格にチャレンジする人が多いです。
実際に介護の現場を見ているからこそ、介護が必要な人それぞれに適したケアプランを作成することができます。

この資格は、介護士の中で人気が高いです。
少し難易度が高いものの、きちんと勉強をすれば取得することができるはずです。

介護の現実

高齢化が進んでいることもあり、介護は人手不足です。
介護士やケアマネージャーに足りないため、人手不足の現状が変わることはありません。
介護は高齢者と関わる仕事であり、そこから得ることはたくさんあります。

介護やケアマネージャーの仕事こそが、「人の役に立つ仕事」です。
人と関わることが好きな人やおしゃべりが好きな人は、介護の仕事に向いているかもしれません。
そういう人こそ、介護は求めています。

そんな仕事に就くためには、資格を取得することが必要です。
高齢者のお世話をするため、きちんとした知識を得ることが大切です。
知識を得ることで、高齢者の気持ちを理解しやすくなります。

試験の内容

ケアマネージャーの試験は、年に1回しかありません。
全国同一の日にちであり、一斉に受験をします。
この資格を受験するためには、介護の実務経験が5年または10年以上ある人が対象です。

その中でも介護の国家資格を取得している人は、試験科目の一部が免除されることがあります。
介護の仕事をしている人は、国家資格を取得している人が多いです。

試験の内容は、多肢選択形式の全60問です。
詳しく分けると、介護支援分野25問、保険医療分野20問、福祉分野15問です。

試験内容が少し多いですが、それ程知識が多く必要とされる仕事です。
きちんと知識を得た人だけがケアマネージャーになることができます。

勉強方法

資格の勉強方法はたくさんありますが、その中でも通信の講座を受けて勉強方法が人気です。
通信は自宅で受けることができ、分からないことが先生に聞くことができるため、良い勉強方法です。

勉強の期間は、半年から1年です。
やはり、多くの知識を得なければいけないため、勉強の期間も多いです。

根気強く、マイペースに勉強をしていくことが大切です。
時には休憩をしながら、ゆっくり勉強をしていきましょう。

途中で勉強が嫌になったら、一度離れます。
何も考えないで、自分の好きなことを思いっきり考える時間も勉強には必要です。