保育士

★保育士の需要

保育士はこの数年で需要がどんどん高まっており、多くの保育施設では、保育士が足りていないため求人情報も驚くほどたくさんあります。
資格を所持していれば、パートとして働くことができるので、主婦でも安定した収入を求めることができるのですが、資格がなければこのような仕事には携われないと諦めている人もいるようです。

しかし、資格を持っていない場合であっても一つの保育所などに言う資格者が1人いる状態であれば保育補助として働くことやアシスタントとして働くことができるので、自分が資格を持っていないからといって諦める必要はありません。
有資格者であればもちろん専門的な知識を持った上で働いていくことになりますので、たくさんの子供たちの健康状態などもこまめにチェックしていくことになりますが、資格を持っていない場合には、有資格者からの指示を受けながら子供たちが怪我をしないように見守ることや、小さな赤ちゃんの面倒を見ながら親御さんの帰りを待つといった仕事内容がメインとなります。

またその他にも保育施設の衛生管理を徹底していく必要があるため、1日の中で定期的に掃除を行うことや食事の管理などもしっかり行っていかなくてはなりません。

★収入は働く場所によって様々

有資格者の場合には収入も比較的たくさんあり羨ましいと言われることもありますが、実際のところは働く場所によって収入は大きく違ってきます。
個人的な経営をしている保育施設などの場合には収入もある程度期待が持てるのですが、市が経営している施設や国が経営している施設などの場合には収入に不満を感じてしまうという人も多いので、この辺りに関しては、働く前の段階でしっかり確認した方が良いでしょう。

また待機児童への取り組みが盛んであるエリアに着目して求人を探してみるのも1つの手です。例えば、待機児童数ワースト1位であった横浜市が待機児童ゼロを達成したとして話題になりましたが、このような取り組みを積極性に行っている自治体は保育士の採用を前向きに検討しているため採用率が比較的高いといえます。

神奈川県の保育士・幼稚園教諭の転職情報、求人募集を探すなら【保育士求人ナビ】

有資格者であれば求人情報をすぐ見つけることができますが、万が一資格がない状態でこうした仕事を探していきたいと考えているのであれば、一般的な求人サイトはもちろんですが有資格者に向けた専門の求人サイトを覗いてみるのも良い方法と言えます。
前述の通り、アシスタントとして働きたい場合や補助をする立場として働きたい場合にも沢山の求人情報が掲載されていますから、これまでは職場が見つからず困っていた主婦の方々もたくさんの子供たちに囲まれて働けるチャンスがあります。

もちろん有資格者として働いていくのであればその分責任も大きくなりますので、預かっているお子さんが怪我をしないように見守るのはもちろんですが、それ以外にも気がついた事があれば親御さんとのコミニケーションをしっかり計るようにしていきましょう。
親御さんと毎日の交換日記などを繰り返しながら、日々の変化や気がしたことを伝えていくのも良い方法と言えます。